良い作品を作りたい!オリジナルエコバッグで良いデザインを作るためのテクニック

良い作品を作りたい!オリジナルエコバッグで良いデザインを作るためのテクニック

エコバッグ1

オリジナルエコバッグを作るときに悩むポイントの1つが、デザインの問題ではないでしょうか。オリジナルエコバッグを作るのであれば、できるだけ良いデザインの作品を作りたいと考える人が多いでしょう。そこで今回はオリジナルエコバッグを作るときに役立つデザインのテクニックを紹介していきます。

このテクニックを使うことで、自分だけのエコバッグが作りやすくなるでしょう。(参考リンク > エコバック印刷

格安価格でオリジナルのエコバッグを製作するには業者選びが肝心

デザインのコンセプトを考える

オリジナルエコバッグを作るときにコンセプトを考えているでしょうか。コンセプトを決めておくことでデザインの方向性が決まるので、良い作品に仕上げやすくなるというメリットが得られます。例えば音楽関係のイベントのためにオリジナルエコバッグを作りたいと考えているのであれば、アーティストや曲に関連するデザインを描こうというコンセプトに決めておくと作品が作りやすくなります。

音楽関係のイベントなのにスポーツに関連するようなデザインを描いてしまうと、コンセプトから外れてしまうのでエコバッグの売り上げが下がる可能性も考えられます。自分で使うためにオリジナルエコバッグを作るのであれば、自分の好きなことに関連するものをコンセプトにしてデザインを考えるのが効果的です。

具体的な話で言えば、野球が好きな人がいた場合には野球に関連するものをコンセプトにデザインを描きます。好きな野球選手や野球チーム、野球をしている自分の子どもの姿などをエコバッグのデザインにすることで、自分だけのオリジナルエコバッグを作れるようになるでしょう。

家族や友人にプレゼントしたいと考えている場合は、家族や友人の好きなものをリサーチするところから始めれば、オリジナルエコバッグを作りやすくなります。

生地の色を考えてデザインの色を決めていく

オリジナルエコバッグを作るときには、色選びが重要なポイントになります。色は自分の好みで選べばいいのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、エコバッグの生地の色によってデザインの色の見栄えが変わってくるので注意が必要です。

例えばホワイト系の色が生地に使われている場合は白色や灰色といった色は生地の色に同化しやすく、デザインが見えにくくなる可能性が考えられます。このケースでは青色や緑色といった落ち着いた色合いの方がデザインの見栄えが良くなる可能性が高いと言えます。

エコバッグの生地にはベージュ系の色が使われていることも多いです。この場合は赤色やオレンジ色、黄色などの目立ちやすい色合いの方がデザインの見栄えが良くなる可能性が高いでしょう。生地の色がブラック系の場合は白色以外の色が目立ちにくい可能性が高いので、できるだけ白色を優先的に選ぶように心掛けておくのが重要です。

このように生地の色によってデザインのカラーリングを変えることで、デザインの見栄えが良くなるケースが増えます。どうしても同化しやすい色をデザインに使いたい場合は、縁取りを行って縁取り箇所の色に同化しにくい色を選択するのが効果的です。

エコバッグのサイズを考えてデザインのサイズを決める

オリジナルエコバッグを作成する場合は、デザインを描ける範囲が決まっています。エコバッグのサイズをオーバーしてしまうと、デザインがはみ出てしまうので注意が必要です。良いエコバッグを作りたいのであれば、エコバッグのサイズを考えてデザインのサイズを決めるのが重要なポイントだと言えます。

例えばエコバッグのサイズが小さいのにデザインのサイズが大きいと全体的なバランスが悪くなり、良いオリジナルエコバッグとは言えない状態になりやすいです。このケースで言えばデザインのサイズも小さくしておく方が全体的なバランスが良く、見栄えも良くなります。

またオリジナルエコバッグを作るときには、バランスを考えるのも重要なポイントだと言えます。デザインの配置が上部に偏ることや下部に偏ることもあるでしょう。意図的に偏らせたデザインにしているのであれば、オシャレなデザインのオリジナルエコバッグとして高い評価が得られるかもしれません。

しかし、意図していないのであれば、偏ったデザインの配置は余白スペースが増えてしまってバランスの悪い作品になりやすいです。美しいバランスを維持したエコバッグを作りたいのであれば、デザインはエコバッグの中心に配置することを基本にしておくのが効果的だと考えられます。

小ロットでオリジナルエコバッグを作る時に確認したいポイント

ターゲットを考えたデザインを描くのも重要なポイント

個人的な目的でオリジナルエコバッグを作るのではなく商品化を意識した上でオリジナルエコバッグを作るのであれば、ターゲットを考えたデザイン作成を行うのが重要だと考えられます。例えば若者向けのオリジナルエコバッグを販売したいのであれば、難しい言葉遣いは行わずにシンプルな言葉選びを行うのが効果的だと言えます。

若者向けの場合は英単語を使えば、売り上げに高い効果が期待できるかもしれません。女性をターゲットにしたオリジナルエコバッグの販売を考えている場合は、デザインの可愛らしさが重要な要素になります。カッコイイデザインやスタイリッシュなデザイン、幾何学的なデザインなどは男性からの評価は高いかもしれませんが、女性からは高評価を得られにくいと考えられます。

そのため女性向けのオリジナルエコバッグを考える場合は、可愛らしさを重視するのが良いでしょう。動物のイラストや植物系のイラスト、美しい女性のイラストなどが高い人気を集めるケースが多いです。可愛らしさを重視するのであれば、自作の可愛らしいキャラクターをデザインしてオリジナルエコバッグを作成してみるのも1つの方法でしょう。

外出を想定したデザイン作成が大切

グッズ販売のためにオリジナルエコバッグを作る場合でも自分で楽しむためだけにオリジナルエコバッグを作る場合でも、共通しているのが外出を想定したデザインを考えることです。どれだけ良いデザインに仕上げることができても外出するのを躊躇うような作品では、オリジナルエコバッグの商品価値が下がってしまいます。

そのようなミスを避けるためにデザインを考える段階で、外出時に恥ずかしい思いをしないことを考慮しておくのが大切だと言えます。外でオリジナルエコバッグを使ったときに、他の人が目を奪われて自分も欲しいと思ってもらえるようなデザインを描くのが理想でしょう。

テクニックを活用して良いオリジナルエコバッグを作成しよう!

ここで紹介したテクニックを使っていけば、オリジナルエコバッグのデザインが作りやすくなるでしょう。試行錯誤を繰り返しながら、周りの人が羨むようなオリジナルエコバッグを目指していくのが良いと言えます。エコバッグを使う人の気持ちを考えれば、良いデザインが描けるかもしれません。

オリジナルエコバッグを作るのに慣れてきたら、家族や友人にプレゼントしてみるのもおすすめです。

ポリ袋に代わる買い物袋として普及したエコバッグの利点とオリジナルグッズへの活用